トップページ

少しのキズやへこみなら、修理をしても高い費用がかかることはありませんが、大きな事故にあい、
破損の程度が大きな事故車の場合は、修理費用が何十万円もかかることがあります。

高い費用を払う前に、事故車買取の専門業者で査定を受けてみて、買取金額を調べてみることをお勧めします。
事故車でも、自走が可能ならば、海外で高く売れることがあるので、特に年式が新しく走行距離が少ない車だと、価値が高くつくことがあります。

また、自走できないほどの破損状態であっても、海外では日本車の性能が認められており、パーツを欲しがっている人が多いため、パーツを売却できることがあります。
事故の程度がひどいほど、直すのにかかる費用は高く、新らしい車を買った方が結果的に得する場合も多いのですが、
廃車費用も高いので、事故車は査定を受けてから、新しい車を買うのか、直して乗り続けるのかを決める方が良いのです。

新しい車を買う費用にあてることができるなら、事故のことを忘れるために、購入を選ぶ人も多いです。